七盤勝負 in ねこまど

七盤勝負、第1.5回、東京開催に桑名についで参加しました!

当日の模様は

 

相も変わらず、文字通り「パニック!」でしたが、

前回より余裕が持てたので第1回では書けなかった自戦記をば。

諸々忙しく、全く練習をせぬまま当日を迎える。

対局相手の情報は囲碁の人くらいのもの。

前回同様、対局になって初めましてではなく、開会式前に顔を合わせることができました。

連珠家なら白でも勝てるんでしょ?との口撃に乗ってしまったのは当然のごとく失敗でした。

--開会式など割愛--

さて本番。

サイコロでバックギャモンの後手が決まり、

約束通り連珠先手以外の選択肢からどうぶつ将棋の後手を頂く。

案の定、次の選択で連珠先手を取られる。

以下、先後、忘れましたがあまり関係ないでしょう。

連珠の棋譜は再現できて確か下記の通り。

4は中村名人VS竹俣紅将棋女流(天下一文道会)戦から拝借したので、

つらいにはつらいと思いましたが選択。

浦月花月共通型だから初心者相手ではどちらでも対応できておいしいです。

6が逆止めなのか?7は好手。

以下、ロクなカウンターも打てずにタコ殴り状態。

負けを読み切る時間はなかったけど、苦しかったです。

だから黒を取りたかったとぼやきつつ。

幸いは四をいっぱいノビてくれたことくらいでその石を使うしかない状態。

23に対してやっと有効なカウンター24が炸裂。

カウンターでナナメでトビ三。

防戦一方だから仕方ないが完全に初心者いじめの手。

1本四ノビからの27が敗着。

この三は打って良いんですか?と聞こえ、こっちの三はすっかり頭から消えていて、

ルール上は大丈夫ですよ。と答えました。(副審は連珠家ではなかったし)

こちらは戻ってきたら達四が打てたので気にしませんでしたが、

今振り返ると長連が絡んで三ですらないよね(笑)

辛くも1勝目。

その数手後、どうぶつ将棋、駒が減ってきたなぁと思っていたら、

トライです!と。

ああ、そんなルールもあったねとすっかり忘れていて1勝1敗のイーブンに。

回避する手があったのか今となっては闇の中。

再現できるかも??

相手ライオン A 相手ゾウ
自分ライオン

自分持ち駒 ヒヨコ、ゾウ、キリン。 相手持ち駒 ヒヨコ、キリン

トライしても次取られるなら逆転でしたっけ?とルールが怪しい人(笑)←ルールブック読めって!

ルールが上記ならAにゾウで詰めそう?(詰将棋は恐ろしいほどセンス無し)

この間にも当然ながら他の5盤は進行し、途中ではたと気付く。

あとギャモンくらいしか勝てなくね??

七盤勝負としての勝利を捨て、ギャモンを勝つために

「オセロ、チェス、囲碁、将棋」の中から、2つ投了することに。

相手は囲碁、得意そうだから囲碁は決定。

そして3択。相手がギャモンにいるのが見えていたので、30秒ほど少考して

オセロに決定!したのが間違いだったのかもしれない。

40手?くらいでイーブンくらいだったのでまだ投げるには早かったようだ。

前回驚きの白さとなったトラウマがそうさせたのか?

現状1勝3敗。残り時間相手の半分くらい。

その後楽しみにしていたギャモンが何か劣勢。

将棋とチェスは気持ちはパスな手を打ち続け。

起死回生のギャモン6ゾロでシンプルになり、数手後相手の投了。

諸先輩方に教わったことは早指しのため活かされてなかったというのは

ただただ頭が下がる思いですが、たとえ6ゾロがラッキーでも頑張りましたよ!

悪手なのは分かるが代案が思いつかないのが今の苦しみです…

もう満足な感じの2勝3敗。

チェスと将棋を適当に指していたら、気がつけば将棋の手駒に飛車角が計3枚。

でも前述のように驚くほど詰将棋のセンスが無いので、角を同王でただ捨て。

でも形勢不利と判断したのか投了を誘い、なんだかんだで形はイーブン。

時間は1分対15分ほどと絶望のチェス決戦。

こっちの残りは動けないポーン×3にビショップ、キング。

投げても良いけど時間いっぱいまでは打とうとしてチェスクロックが再配置されて

2、3手目。

やることないからキング前進としたら、

ビショップで取れますけど…と。

全然見てなかったし余裕がなかった。

所謂、自爆ってやつですな。

そんな感じで3勝4敗での決着でした。

将棋の勝ちが怪しいですが3勝は3勝だって感じで。

たられば言ってもしょうがないが、オセロが最後に残り考える時間が残っていたら

逆転はあったのだろうか?(局後、空色碁盤で早めに検討したら負けてたけど)

終局図

--自分としての大会が終わって--

連珠の普及活動がその後色々行えたのは有意義でした。

すぐパニック!になって?大声になったりと何かと皆様にご迷惑をかけたと思いますが、

この場を借りてお詫び申し上げます。

前夜から調子が悪く、打ち上げにまた参加できなかったのは悔しいです。

対局中は体調不良を考える余裕がなかったのは幸いでした(笑)

21日のペア戦は行けないことを伝えましたがよく考えてみると

20日は連珠名人戦関東地区1次予選でした。

そのため行けないというわけではないですがね。ほらシンカンセンとか使えば。

夏に桑名で第2回。何とか都合つけて次こそは4つ目の勝ちを狙いに!!

全然、参加者の中で弱い方なのに何かやみつきになるんですよね。この大会。

各所で聞こえましたが、時間制限があるために各界の有段者が本気で倒しに来る

というのは醍醐味なのかもしれません。

私も連珠に関してそのように映っていれば幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です