本日の普及活動@月島

本日は月島で行われたボードゲームのイベントに参加してきました。

やべっちさんの紹介(やべっちさんは、私と同大学同研究室の後輩から)で
連珠やってるなら興味あるんじゃない?と勧められて行ってきました。

公民館の2室を借りて行われていたのですが3~40人くらいはいたでしょうか。

まずは手始めに「ワードバスケット」から始める。
これはトランプのスピード×しりとりのようなカードゲームで
なかなか語彙力を使いました。

次にラインナップで唯一知っていた「カタン」を行う。
ゲームマーケットで近くでよく売れていたのを覚えていましたが、
ルールを聞くのは初めて。
「開拓者」というサブタイトルは知っていましたが、
なるほど資材を集めて開拓をしていくゲームでした。
とある1か所に街道を作る競争に負けたので詰んだかと思いましたが、
街道の長さの総距離1位を奪取し逆転サヨナラホームラン。
ビギナーズラックってやつですね。

ここで一段落したので主催に許可を取り営業活動(笑)をということで、
連珠セットの準備を始める。
一人食いついてくれたので数局対局。
手加減はいらないと言われてしまったので、
黒禁手無しルールでの白番を持ち、5連勝ぐらいし少し大人げなかったかなと。
筋は良さそう(ボードゲーム愛好家だから?)だったので少し熱くなりました。
東京連珠会だよりを渡しましたが、来てくれるか?
一応主催にも渡しておきました。

次に巻き込まれる形で「パンデミック」へ。
これは病気の蔓延(パンデミック)と人間側のどちらが勝つかという
協力した4人が勝つか負けるかというバトルロイヤル形式ではないゲーム。
(古典以外の)ボードゲームに詳しくない私にとっては斬新でした。
1ターンのお試しで終了となりましたが次回やってみたいゲームの一つとなりました。

終了までの時間でやった「ニムト」もランダム性の中で、
戦略がありと深く考えてみたいゲームでした。

なかなか客としても運営としても?楽しめたのでまた誘ってほしいです。

連珠家の皆さん次は一緒に行きませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です