シンフォギアGX1話を物理的に考える

今回は戦姫絶唱シンフォギアGX1話のオープニング、
RADIANT FORCEが流れているシーンの響のパンチ力を計算していきたいと思います。

世界第2位の山・K2を殴るシーンですが、ここでは綺麗に円錐台がダルマ落としのように
抜けたと考えます。

作中でK2が第3位になったと言われているので標高ランキングを見てみます。

第1位 エベレスト(チョモランマ、サガルマータ) 8848m
第2位 K2 8611m
第3位 カンチェンジュンガ 8586m

なので26m下がったと仮定します。

抜けた部分の高さを①としたとき、上部の残る部分の高さを⑤、
山頂部における山の斜面を30°とすると、

求める円錐台の底面の半径は6√3×26(m)となります。

求める円錐台の体積は

6√3×26×6√3×26×π×6×26/3 – 5√3×26×5√3×26×π×5×26/3
=(6^3-5^3)×26×π
=5.024714×10^6 m^3

重さに変換するために富士山の密度を参考にしました。

2.39 g/cm^3 = 2.39 t/m^3

5.02×10^6×2.39 = 1.200907×10^7 t

円錐台の移動した距離は12√3×26 mと考えたとき、
(実際にはもっと長いと思いますが)
それを1秒で移動したと考えます。

540.3999 m/s = 1945.439 km/h

軽く音速を超えています。

エネルギーは mv^2/2 となります。

mv^2/2 = 1.2 ×10^7 ×10^3 ×540 ×540
=1.753516 ×10^15 J

地震の規模を表すマグニチュードに換算すると
6.962606489

TNT爆薬に換算すると
419.1003824 kt

新潟県中越沖地震以上、阪神淡路大震災以下のエネルギーで
殴れる響さんは凄いですね!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です