賭ケグルイと確率~豆生田楓は何%王道を行ったか~

計算企画第2弾!
賭ケグルイも今季注目して見ていたアニメでした。

第11話「人生を賭ける女」より

前話から主人公蛇喰夢子と豆生田生徒会会計とのチョイスポーカーを行なっていました。

ルールはジョーカー1枚を含んだ53枚のトランプで行うポーカー。
カード交換は一度のみ。
但し、コールとフォールドはなくベットとレイズのみ。
多くベットした方はストロンガーとウィーカーを選択することができ、
強い順に評価するか弱い順にするかを選べるというもの。
弱い順は大富豪であれば革命みたいなものです。

皇伊月をパトロンとして臨んだ第11話は、
お互い2枚の交換となりました。

豆生田楓はダイヤの2とハートの5を
蛇喰夢子はダイヤのQとスペードのQのペアを捨てました。

ペアを捨てたので豆生田はブタ狙いと錯覚しました。

ここで豆生田の手札は
ダイヤ8、ハート8、クラブ8、クラブ5、スペードのAでした。

ここで既知のカードを上記の9枚と考えた時に、
豆生田の「強い順」という選択は正しかったのでしょうか。

厳密に言うと違うかもしれませんが、残りの44枚がランダムに蛇喰の手札にあったとします。

その組み合わせは 44C5 = 1086008通り

役の内訳は下記の表。

なお、計算が難しく間違えそうだったのでプログラムに計算させました。

パターン(通り) 確率(%)
5カード 8 0.00074
ロイヤルストレートフラッシュ 13 0.00120
ストレートフラッシュ 63 0.00580
4カード 1640 0.15101
フルハウス 3120 0.28729
フラッシュ 2762 0.25433
ストレート 7188 0.66187
3カード9以上 31313 2.88331
3カード8 0 0
3カード7以下 31313 2.88331
ツーペア 50028 4.60660
ワンペア 493687 45.45887
約なし(ブタ) 464873 42.80567

8が3枚豆生田の手札にあるので同点はない。

豆生田からみて強い順で勝てる確率は 95.75445%
弱い順なら 4.24555%

95%以上も王道を行っていたのですね。

これで負けるとか事故でしかない。可哀想に。

ところで蛇喰さんは初手でフルハウスだったのでしょうか?
それともチェンジして揃ったのか?

こればかりは謎のままです。

死ぬまで家畜♪

あとがき
A、2、3、4、5ってストレートになると始めて知りました。

おまけ

通常のポーカージョーカーなし

パターン(通り) 確率(%)
5カード 0 0.00000
ロイヤルストレートフラッシュ 4 0.00015
ストレートフラッシュ 36 0.00139
4カード 624 0.02401
フルハウス 3744 0.14406
フラッシュ 5108 0.19654
ストレート 10200 0.39246
3カード 54912 2.11285
ツーペア 123552 4.75390
ワンペア 1098240 42.25690
約なし(ブタ) 1302540 50.11774

通常のポーカージョーカーあり

パターン(通り) 確率(%)
5カード 13 0.00045
ロイヤルストレートフラッシュ 24 0.00084
ストレートフラッシュ 180 0.00627
4カード 3120 0.10872
フルハウス 6552 0.22832
フラッシュ 7804 0.27195
ストレート 20532 0.71548
3カード 137280 4.78380
ツーペア 123552 4.30542
ワンペア 1268088 44.18910
約なし(ブタ) 1302540 45.38965

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です